プチ断食とエスセーヌの痩身コースは最強ダイエットです

プチ断食はダイエットに効果があるのか?

プチ断食とは、1~3日という比較的短い期間で断食を行うダイエットで、プチ断食を行えば、ダイエットはできます。

 

断食には、水以外は何も口にしない完全断食と、必要な栄養素を摂取しながら行う断食の大きく二つの種類があります。

 

完全断食に専門的な知識がない人が挑戦するのは、かなりのリスクが伴います。

 

体の機能が著しく低下したり、激しいリバウンドを引き起こす可能性が非常に高いので、完全断食をする時には必ず専門知識を持った人の指導のもとで行うようにしてください。

 

自己流で完全断食すると、ダイエットどころか太ってしまったり、健康を損なう恐れがあるでしょう。

 

最近では酵素ドリンクを用いたプチ断食が非常に流行っています。

 

酵素ドリンクを食事の代わりに飲んで、必要な栄養素を補給しながら行う断食です。

 

酵素ドリンクは野菜ジュースよりも栄養価が高いと言われているので、それほど空腹を我慢しなくても断食効果が期待できるでしょう。

 

ただ、酵素ドリンクにはたくさんの種類があり、中には、とても飲みにくい味の酵素ドリンクもあります。

 

まずい酵素ドリンクを無理に飲んでも、ストレスになってしまうので、自分にとって飲みやすい味の酵素ドリンクを選ぶことがプチ断食の成功につながるかもしれません。

 

そして、プチ断食のダイエット効果を高めるためにも軽い運動がおススメなのですが、運動が苦手な方にはエスセーヌの痩身コースをおすすめします。
リーズナブな料金で体験コースも用意されているので、短期間でダイエットをしたい方にはおすすめします。

朝食は食べない方が痩せられるのか?

朝食はダイエット中でも食べた方が良いでしょう。

 

朝食を抜くと、どうしても昼食までにとてもお腹が空いてしまい、昼食の食事量が増えてしまいます。

 

すると、余分なエネルギーを摂取することになるので、脂肪が付きやすくなってしまうのです。

 

また、朝食を食べないことは、糖尿病にも繋がります。

 

インシュリンが正常に働かなくなるからです。

 

もし、糖尿病になってしまったら、合併症などで一生苦しむことになりかねません。

 

さらに、朝食を抜くことは、日常生活にも支障をきたす恐れがあるので、実はとても危険です。

 

朝食を食べないと、脳に栄養が届かないため、ボーっとしてしまいがちになります。

 

注意力が散漫になっているせいで、事故に繋がることも十分にあり得ます。

 

また、集中力が続かず、仕事や勉強の効率が悪くなりやすいことは言うまでもありません。

 

寝ている間もエネルギーを消費しているので、寝起きというのは軽い栄養不足の状態だといえます。

 

栄養をしっかりと補給するためにも、朝食は必ず食べるようにしてください。

夜は食べない方が良い理由

午後6時以降は水やお茶だけにすると、ダイエット効果があるでしょう。

 

夕食抜きダイエットが流行っていますが、これは単に夕食を抜くダイエットとは違います。

 

夕食を抜いてしまうのではなく、夕食を午後6時までに終わらせるのです。

 

では、なぜ午後6時までに夕食を終わらせると、ダイエットに良いのでしょうか。

 

それは、その日に摂取したカロリーをその日のうちにたくさん消費できるからです。

 

例えば、午後6時に夕食を終わらせ、午後11時に寝るとします。

 

すると、夕食を終えてから寝るまでの時間が5時間ありますから、夕食を遅い時間に食べるのと比べて、必然的に消費されるカロリーが増えますよね。

 

つまり、その分、体内に余分なエネルギーが蓄積されないのです。

 

それに、内臓を十分に休めることができるというメリットもあります。

 

夕食を6時までに終わらせるようにすると、体重減少だけでなく、体脂肪率も低下しやすいと言われています。

 

生活サイクル的に午後6時までに夕食をとるのが無理なら、夕食の量やカロリーをやや控えめにするといいでしょう。