セルライトや脂肪の蓄積によって太くなるケースも多いです

太ももだけ痩せたい場合

太ももが太いと、他が標準でも、どうしても太ってみえてしまいますね。

 

太ももが太くなる原因としては、細かくわけるとたくさんの事が考えられます。中でも特に多いのは、姿勢が悪い事が原因で起こるものです。

 

また、セルライトや脂肪の蓄積によって太くなるケースも多いです。

 

エステなどにいけば簡単に細くなりますが、費用も時間も必要です。

 

ですから、自分でできる太もも痩せの方法を少し紹介します。

 

姿勢が悪いと、血液の巡りが悪くなるので、必然的にむくみが起こりやすくなります。

 

まずは、できるだけ姿勢を正すように注意しましょう。

 

足を組まないのも大切です。

 

また、ヒールの高い靴や、足にあっていない靴は、正しい姿勢を保ちにくくさせます。

 

できるだけ、足にぴったりで安定性の高いスニーカーなどを履くようにしてくださいね。

 

セルライトや脂肪の蓄積には、マッサージやストレッチ、運動などが有効です。

 

気になる部分をお風呂で揉みほぐしたり、叩いたりするのがいいでしょう。

 

ストレッチは、お風呂上がりの体がぽかぽかしている時が一番効果的です。

 

普段使わないような筋を、ストレッチで動かしてあげましょう。

 

激しい運動は、筋肉がついて余計に太くみえる可能性があります。

 

運動するなら、ゆっくり歩いたり、水中ウォーキング程度が適当ですね。

 

目安としては、誰かと喋りながらでもできるような、軽い運動がベストです。是非参考にしてみてください。

二の腕だけ痩せたい場合

女性なら、手を振る時などに二の腕が揺れていたら嫌ですよね。

 

意外に男性には、二の腕がある程度プルプルしているほうがいい!

 

という意見が多いようですが、女性からすれば引き締まっているに越した事はないのです。

 

二の腕には、「上腕二等筋」と「上腕三等筋」という筋肉があります。

 

「上腕二等筋」とは、荷物を持ち上げたりする時に使う筋肉です。

 

腕を曲げてぐっと力を入れたら、固くなる内側の部分ですね。

 

二の腕痩せには、こちらはあまり関係ありません。

 

脂肪がプルプルするのは、外側にある「上腕三等筋」です。

 

「上腕三等筋」は、何かを腕で押す運動をする時に使う筋肉です。

 

日常生活では、持ち上げる事は多いのですが、押す運動はあまりしませんよね。

 

ですから、あまり筋肉が発達しないので、ぷにぷにしてしまうのです。

 

つまり、引き締めたければ、この「上腕三等筋」を鍛える必要があります。

 

ちょっとした負荷のものを持って、肘を後ろに突きだした状態にして、肘を曲げたり伸ばしたりする運動をすると、上腕三等筋が鍛えられます。

 

ちょっとした負荷のものは何でも構いませんが、ペットボトルに水や砂を入れたものなら、持ちやすくて、どこにでもあるので丁度いいでしょう。

 

ペットボトルなら旅行中などでもできるのでお薦めです。

 

もちろん、ダンベルなどを使っても構いませんよ。

 

時間は、少なくても一時間は続けてください。一ヶ月もすれば、二の腕のぷにぷにはなくなっているはずです。

妊娠中だけど太りたくない場合

妊婦の方、特に初産婦さんは、だんだんと崩れていく体型・増えていく体重に、初めは戸惑うかもしれません。

 

ですが、妊娠中は赤ちゃんを守る為にたくさんの脂肪と栄養が必要なのです。

 

ダイエットは基本的にしてはいけません。

 

しかし、太り過ぎもいけません。

 

痩せるのでなく、体重を急激に増やさないように維持する事が一番大切です。

 

妊娠初期は、胎盤もまだまだ未発達。

 

へその尾も紐のように細いので、運動はもちろん、疲れる事はしてはいけません。

 

ダイエットなんて考えずに、リラックス第一でのんびりと過ごしましょう。

 

暴飲暴食に気をつけていれば十分です。

 

安定期に入れば、軽い運動くらいならしても構いませんが、お医者さんと相談しながら行いましょう。

 

お腹が張ったらすぐに休憩してくださいね。後期になれば、お腹がかなりでてきます。

 

思ったより動きが鈍くなっているので、転ばないように足元に注意してください。

 

運動は、お医者さんから許されている範囲で、誰かと一緒にするようにしましょう。

 

妊娠中は、貧血になりやすいですし、体がデリケートになっています。

 

何かあったらあなただけでなく赤ちゃんも危険になります。

 

絶対に無理はしない事、しつこいくらいに休憩をする事を忘れないでください。

 

ダイエットは、産後に好きなだけすればいいのです。

 

産後は動き回らないといけませんから、嫌でも痩せられます。今はママになる自分を素直に受け入れましょう。